神は万国万民のうちからキリストに在って聖意(みこころ)に適う者等を召して、これを聖別し、恩寵(ちょう)と真理とをあらわして、聖霊による交わりに与らしめたもう。これがすなわち聖なる公同教会である。
こ の教会は見えない教会として存在するとともに、また見える教会として現存し、主イエス・キリストをその隅の首石(おやいし)とし、使徒と預言者との基の上 に建てられ、代々(よよ)主の恩寵(ちょう)と真理とを継承して、福音を宣(の)べ伝え、聖礼典を守って、主の来りたもうことを待ち望み、その聖旨(みむ ね)を成しとげることを志すものである。
わが国における30余派の福音主義教会およびその他の伝統をもつ教会は、それぞれ分立して存在していた が、1941年(昭和16年)6月24日くすしき摂理のもとに御霊(みたま)のたもう一致によって、おのおのその歴史的特質を尊重しつつ聖なる公同教会の 交わりに入るに至った。かくして成立したのが日本基督教団である。
しだ