次は、礼拝に出席できない方々のための記事です。教会に来れない方々は、この礼拝順序と説教の要旨に従い、礼拝が行われる同じ時間に合わせて、それぞれの場所でも、共に礼拝を捧げますよう。

聖霊降臨祭主日(ペンテコステ)礼拝

前 奏 

招 詞  

讃美歌    83

主の祈り  (93-5 A) 讃美歌のp.148

詩編交読 詩編 詩編1042430

     讃美p.114  (単独p.118)

讃美歌    342

聖 書  エゼキエル書37114

          (旧p.1357

使徒言行録2111

           (p.214)

  祷 

使徒信条 

讃美歌  358 

説 教 「教会」

                          牧師 金南救

祈 祷

讃美歌   510        

献 金     

報 告

頌 栄     29

祝 祷        

後 奏

-----------

聖書個所:旧約 エゼキエル37114

     新約 使徒言行録:2111

説教題:「教会」

 

1章4-8節:イエスさまの復活の後、イエスさまは弟子たちに自分をお示しになりました。そして、神のについて話されました。弟子たちを集め、「父の約束されたものを待」たせるためでした。イエスさまを裏切り、逃げてしまい、自分達の罪で悲なこころを抱いていた弟子たちに、イエスさまは訪ね、慰め、そして集めました。それは弟子たちの今からの任務を任せるためでありました。その任務をちゃんと成し遂げるためには「父の約束されたもの」が必要でした。

      21節:弟子たちは、イエスさまの仰る通りに、集まって祈っていました。五旬祭(ペンテコステ)になり、突然、とある出事が起りました。この出来事のために弟子たちには、祈りながら待つことが必要だったでしょう。祈りながら待つことは非常に忍耐が必要なことだと思われます。

2-3節:「風」と「炎」:聖霊が降るとき、「風のような音」と「炎のような舌」が現れたと書かれています。風と炎は神の力や聖霊を象徴する代表的表現です。神さまの力がその部屋に集まっていた一人一人の上に宿ったということです。皆の心に風と炎のような聖霊が宿り、皆のこころには火が燃え始めます。かたい鉄を溶ける「ふいご火」のように弟子たちの心を溶かし始めます。聖霊の風と炎は鉄のように固くなった弟子たちの心を溶かしました。聖霊の風と炎は弟子たちの目のうろこを吹き飛ばしました。エゼキエル書の死んだ者らのようになった弟子たちは、聖霊の風と炎によって、動き始めました。彼らの目には、今までは見えなかった真実が見え始めました。主の苦難と復活の意味と恵み、神の絶えない愛、自分のすべてを強く導き始めた聖霊の交わりが見え始めました。神の国が見え始たでしょう。

今まで恐れていた世の脅威は、聖霊によって弟子たちが知ってしまった永遠の国に比べたら恐れる必要がないものでした。それから自分たちと一緒におられるイエス様を見るようになったのです。

      「音」と「舌」:風と炎と同時に、弟子たちに降ったのは「音」と「舌」です。言葉が伝わるためには喉からの音と、その音に変化を与える舌が必要です。弟子たちに降ったのは神の言葉でした。弟子たちに降った聖霊は神の言葉をもって弟子たちに宿られたのです。弟子たちの溶けて柔らかくなったこころに、み言葉が宿られたのです。やっとそのみ言葉は弟子たちの中で生き生きとなりました。

風のような音と炎のような舌が、即ち、聖霊が彼らに降り、今までの弟子たちには想像もできないことができるようになりました。想像もできなかった変化が弟子たちに起こったのです。その変化は燃える心と、神様から与えられた御言葉によることでした。神が共におられることが見えるようになったのです。この世界がどういう原理によって回っているのか、この世界の本当の主人は誰なのかを分かるようになったのです。み言葉通りに、主イエスに従うことができるようになりました。そして、語らざるを得ない状態になりました。今まで自分たちに起きた神の偉大な御業を。

 

「霊が語らせるままに、他の国々の言葉で話しだした。」国々の言葉で語ったのは福音が地の果てまで伝われることを指します。重要なのは弟子たちが語った内容です。弟子たちは「神の偉大な業」を語りはじめました。

この瞬間こそ、弟子が使徒になる瞬間でした。

 

ペンテコステ、聖霊降臨祭は聖霊が弟子たちにくだり、教会が生まれた日として記念されています。愛する信徒の皆様。教会とは、一つになって祈る音と神のみ言葉が鳴り渡るところ、イエスさまに出会って変えられた人々がその偉大な救いの御業を述べ伝えるところ、聖霊によって燃える心をもって生きる人々が愛し合い、支え合うところ、罪びとが使徒に変わるところ、熱いこころをもって神を愛し、兄弟姉妹を愛する人々、これこそ教会であります。聖霊は今、私たちの間でお働きになっています。