新型コロナウイルス感染拡大防止のため、礼拝に出席できない方々のための記事です。教会に来れない方々は、この礼拝順序と説教の要旨に従い、礼拝が行われる同じ時間に合わせて、それぞれの場所でも、共に礼拝を捧げますよう、お願いいたします。

2020年5月10日
復活節第5主日礼拝順序

前 奏 

招 詞  

讃美歌    83

主の祈り  (93-5 A) 讃美歌のp.148

詩編交読 詩編 詩編10615

     讃美p.117  (単独p.121)

讃美歌    325

聖 書  エゼキエル書362428

          (旧p.1356

ヨハネによる福音書151827

           (p.199)

  祷           

使徒信条 

讃美歌  342 

説 教 「主に選ばれた証人」

                          牧師 金南救

祈 祷

讃美歌   506        

献 金     

報 告

頌 栄     29

祝 祷        

後 奏



-----------

20200510我孫子教会説教

ヨハネ15:18~27

「主に選ばれた証人」

 

今日の聖書個所は、こう始まっています。

「世があなたがたを憎むなら」

ここで「あなたがた」とは主に従う者たちを指します。(154)ブドウの木につながっている枝のような、主の内にとどまっている者たちです。なお、1510節に記されている「わたしの戒めを守る者」たちです。「(17)互いに愛し合いなさい」という戒めを守る者たちです。

 

しかし、そういう人々は、世に憎まれるとおっしゃいました。

キリスト者としてよくやっている者たちが、人々に憎まれることとはいったいどういうことでしょうか。

 

ペトロも、パウロも、他の使徒たちも、主に従っていた素晴らしいキリスト者たちが、結局、殉教の道を歩むのを、わたしたちは十分に知っています。ペトロや使徒たちの後にも、大勢のキリスト者の道は、まさに今日のみ言葉通りです。

 

現代を生きるわたしたちも、ただクリスチャンという理由だけで、憎まれ、いじめられたという話は、まわりから沢山聞くことができます。

 

信仰者として生きるのに、理由もなき、憎まれ、迫害も受け、沢山苦労をして、行きたくないところに行って殺されるとはどういうことでしょうか。主に従うことはむしろ世から褒められるべきではないでしょうか。しかし、主は、これが自然なことだとおっしゃっています。昔々からみ言葉で預言されたとても当然なことだということです。(25)

 

主はおっしゃいます。「そういう時には、世に憎まれる時には、あなたがたを憎む前にわたしを憎んでいたことを覚えなさい」

実は、この憎しみは、主が先に受けたものでした。

 

だから大丈夫です。その主の名のゆえに受ける憎しみは、わたしたちが主にちゃんと従っていることに違いないからです。主が、主ご自身が受けた苦難を私たちに少しでも受けらせるほど、私たちの信仰が成長しているということだからです。

 

聖書は、キリスト者の苦難について無数に語っています。そして、そこには、必ず、喜びなさいという勧告がございます。(ローマ書5:312:12、一ペトロ4:13、コロサイ1:24

 

苦難の中で喜びが伴われるのは、わたしたちにはその苦難だけではなく、主から受けている慰めと喜びがあるからです。わたしたちが「世があなたがたを憎む」という言葉に戸惑うようになるのは、世からの憎しみだけを思うからです。そして、世から褒められ、世からうらやましがられることを望む私たちの弱さがあるからです。

キリストにも属して、世にも属したがる私たちがあるからです。

 

しかし、愛する信徒の皆様。

私たちは、主が選び出した者たちです。エゼキエル36:24のように、主がこの世から取って導き出した者たちです。エジプトから出て、もはや主のもとで住まいを決めたのに、エジプトの奴隷の時代を恋しがるイスラエルの人々ではありません。

 

わたしたちは、主を憎む者たちに属していなく、主を愛する者たちに属しています。

これを忘れてはいけません。

 

2627節)そして、わたしたちは、伝えるべきです。

聖霊に満たされ、証人にならないといけません。

主が受けて、使徒たちが受けて、私たちも受けているこの憎しみが、主を知らない人々のためだったら(21節)、その人々のために伝えなければなりません。主の愛を知らない人々が一人も滅びないで、永遠の命を得るように。

 

それは、弱いわたしたちの言葉と知恵だけではできないです。ただただ祈り、主に委ねつつ、聖霊に満たされ、キリスト者としての人生を生き抜くことによってできることです。主と共に歩む幸せなわたしたちの毎日を通して、主から受けている愛を通して、できることです。

 

愛する信徒の皆様。わたしたちは、主に選ばれた証人です。

この旨に相応しく、これからの一週間も主と共に進んでまいりましょう。