日本基督教団 我孫子教会

我孫子教会の礼拝や、色々なお知らせをいたします

我孫子教会にようこそ!

我孫子教会


神様と人との新しい出会いを求めているあなたに。

  教会の礼拝に出席してみようかなと思っているあなたに。

  これからどう生きていったらいいのだろうか?
  自分さがしをしているあなたに。

  病気や心配事をかかえて、うつむきがちで悩んでいるあなたに。

 人生の最終決着をイエス・キリストに託したいあなたに。

 イエス・キリストは教会を通してあなたを招いておられます。

 ★日本基督教団我孫子教会は、1974年、教団の伝道所として設立認可され、
 その後幾多の変遷の後、現在の地に会堂を与えられ、今に至っています。
 今年で創立満44周年目を迎えました。
 静かな住宅街の中にある白い壁の教会です。
 是非一度、教会を訪れてください。

 最寄駅は、成田線湖北駅です。徒歩15分 
 常磐線天王台駅からは、教会近くまでバス(外回り)が出ています。(湖北台中学前下車、徒歩4分)
 車の方は、ナビで検索するとすぐわかります。駐車場も数台分あります。


   日本基督教団我孫子教会
    主任担任教師 近藤国親
  〒270-1132
    我孫子市湖北台5-5-1
    TEL&FAX 04-7188-9753
   メール 
kunichika@jcom.zaq.ne.jp
       ブログ http://abikochurch.blog.jp

2018年度の主題聖句
 「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます」 
    コリントの信徒への手紙Ⅱ4章18節a

・信仰とは何かと、問われますときに、それは「見えないものを見る目である」と言えるでしょう。
ですから、反対に見えるものを見るのには信仰は無関係であると言ってよいかもしれません。
使徒パウロは手紙の中で「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます」と
述べています。しかし見えないものに目を注いでも、何も見えないのではないかとも言えるのです。
そうではないと思います。なぜならば、見えないものは「存在しない」のではなく、見えなくとも「存在するもの」があるからです。 例えば、星は昼間、目には見えません。しかし、昼間にも星は天空に存在しているのであり、見えない昼間であってもその星に思いを馳せるなら大空に輝いているであろう星を見ることが出来るのです。この聖句は信仰の本質を端的に言い当てているのであり、パウロがここではっきりと自分を見つめているものは「見えないもの」であると言っているのです。
この新しい年度、私どもも人間の目にはっきりとわかる目に見えるものに、目を注ぐよりは、見えないもの、つまり神に目を注ぎ、そして主イエスを見つめつつ信仰の道を歩みたいと思います。(近藤牧師)

 


次週礼拝(5月15日)のお知らせ

5月15日ペンテコステ礼拝   午前10時半

説教         近藤国親牧師
聖書         使徒言行録2章1~13節
讃美歌        55番、342番、343番
交読詩編      104編24~30節

ペンテコステ礼拝です。
どなたでもおいでください。
お待ちしています。

主の祈り

天にまします我らの父よ、

ねがわくはみ名をあがめさせたまえ。

み国を来たらせたまえ、

み心の天になるごとく

地にもなさせたまえ。

我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。

我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、

我らの罪をもゆるしたまえ。

我らをこころみにあわせず、

悪より救いだしたまえ。

国と力と栄えとは

限りなく汝のものなればなり。

アーメン。


画像

日本基督教団信仰告白

白百合の画像

我孫子教会は日本基督教団信仰告白をもって信仰を告白します。


日本基督教団 信仰告白

〔1954年(昭和29年)10月26日 第八回教団総会制定〕

我らは信じかつ告白す。
旧新約聖書は、神の霊感によりて成り、キリストを証し、福音の真理を示し、教会の拠るべき唯一の正典なり。
されば聖書は聖霊によりて、神につき、救ひにつきて、全き知識を我らに与ふる神の言にして、信仰と生活との誤りなき規範なり。
主イエス・キリストによりて啓示せられ、聖書において証せらるる唯一の神は、父・子・聖霊なる、三位一体の神にていましたまふ。
御子は我ら罪人の救ひのために人となり、十字架にかかり、ひとたび己を全き犠牲として神にささげ、我らの贖ひとなりたまへり。
神は恵みをもて我らを選び、ただキリストを信ずる信仰により、我らの罪を赦して義としたまふ。
この変わらざる恵みのうちに、聖霊は我らを潔めて義の果を結ばしめ、その御業を成就したまふ。
教会は主キリストの体にして、恵みにより召されたる者の集ひなり。
教会は公の礼拝を守り、福音を正しく宣べ伝へ、バプテスマと主の晩餐との聖礼典を執り行ひ、愛のわざに励みつつ、主の再び来りたまふを待ち望む。
我らはかく信じ、代々の聖徒と共に、使徒信条を告白す。

我は天地の造り主全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。
主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがへり、天に昇り、全能の父なる神の右に坐したまへり、かしこより来りて、生ける者と死ねる者とを審きたまはん。
我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交はり、罪の赦し、身体のよみがへり、永遠の生命を信ず。アーメン。

画像

牧師紹介

近藤牧師

近藤国親牧師    1940年4月20日生まれ  新潟市出身

受洗は22歳の時。お母様がクリスチャンということで教会はとても身近なものだった。
新潟の小中高を卒業後、日清食品に勤務。営業の仕事で全国を転勤しながら定年を迎え、
2000年に東京神学大学へ進み、大学院(博士課程前期)を2006年に卒業。
2006年に山形県南陽市にある日本キリスト教団宮内教会の牧師として約10年間奉仕する。
2016年4月1日、日本キリスト教団我孫子教会の主任担任教師として迎えられ着任。
ご家族は奥様の光子夫人とお子様ふたり。
神学修士。



ギャラリー
  • 次週礼拝(1月20日)のお知らせ
  • 次週礼拝(1月13日)のお知らせ
  • 次週礼拝(1月6日)のお知らせ
  • 次週礼拝(12月30日)のお知らせ
  • クリスマス祝会!
  • クリスマス祝会!
  • クリスマス祝会!
  • クリスマス祝会!
  • クリスマス祝会!
月別アーカイブ